おかもと まり さん インタビュー記事

温泉といえばリラックス、湯治、そして『美肌』をイメージしますよね。
今回は美肌にスポットをあてた温泉あれこれを
温泉ソムリエで美容家としても活躍中のおかもとまりさんにお聞きしました。

温泉ソムリエの資格を取って知ったのが「美肌の湯」には保温効果で肌を潤わせる力があると言う事です。温めて血流を良くする、それはスキンケアにおいてとても大切なことです。さらに心も癒され、ハッピーになりますよね。それは美への大切な1歩で、温泉の最大の魅力です。

効能もいろいろあって、たとえば肌荒れに悩んでいる人には『塩化物泉』がおすすめ。冷え性の方にも効果的。塩分が汗の蒸発を抑え、潤いを長く保ち、血色の良いしっとり肌になります。伊香保温泉なら泉質はメタケイ酸を含む『単純温泉』と『硫酸塩泉』の2つがあって。どちらもお肌にたっぷりの水分を与える効果があります。そんなふうに肌悩みごとで選ぶと良いですね。「美肌の湯」は泉質や成分があって奥が深いですよ。まさに自然から生まれた美の源泉だと思います。

肌悩みといえば、温泉はアトピーや火傷に良いという話も聞きますね

医学的にはっきりと解明されていない部分も多いようなんですが、アトピーや皮膚炎に効くとされる成分はあって、実際湯治をされた方たちの評価は高いです。ただ、体質は人それぞれ。温泉も化粧品と同じく、自分に合った成分を見つけるのが大切だと思います。

何より温泉の効能って長い期間続けることが大切ですが、毎日入るのは難しいですよね。

まりさんおすすめ温泉を教えていただけますか

仕事で行った温泉の中でもイチオシのお宿は大分「ゆふいん泰葉」です。地元群馬県の伊香保温泉と同じくらい大好き!
泰葉の泉質は三大美人泉質と言われる『炭酸水素塩泉』でメタケイ酸もたっぷり。化粧水いらずの湯なんて言われているんですよ。お湯はターコイズブルーで幻想的。とろけるゼリーみたいな質感が気持ちよくて感動します。美肌の湯に欠かせないPH値も良いんです。ぜひ行って欲しい温泉です。

「伊香保温泉」は、温まりやすく冷えにくい『硫酸塩線』。「子宝の湯」、「婦人の湯」とも言われていて冷え性、妊活中の方にも優しい泉質。おすすめは「石段街」の途中にある「石段の湯」。

お湯は熱めで、香りや湯のテクスチャーが良いです。上まで登ると、野生の露天風呂もあるんです。ここはシャワーやシャンプー、石鹸もなくて、葉っぱも落ちてて。お猿気分で入れます(笑)子どもも大喜び。食べ物もヘルシーな物が多し、温泉を飲める飲泉所もあるので、内側から健康な素肌美になる感じですね。さらに神社の神様は縁結びなので女子力上がりますよ。

おススメは都内にもあって、高円寺の「なごみの湯」と調布の「湯森の里」。
「なごみの湯」は都会でもしっかりした源泉が堪能できるんです。細かな泡が含まれているシルキーバスや炭酸泉、ジャグジー、サウナもあってスパ的にも楽しめます。
「湯森の里」は黒湯で、地層に含まれている昆布やシダ類が熟成したフミン酸という有機物の成分で真っ黒なお湯なんです。黒湯にはミネラルもたっぷり含まれているので美肌にもおすすめ。
ミネラルはお肌の大切な構成成分で、本当に大切。私はサプリメントも飲んでいます。化粧品でもミネラルコスメは肌に優しく、石鹸で落とせるものが多いので愛用しています。私より年上で綺麗な人はみんなミネラルを意識していますよ。

美肌温泉で注目の成分はミネラル以外にもたくさんあります。
チェックしたい泉質や成分もお教えしますね!

単純泉…肌ざわりがやさしく、刺激が少ない
塩化物泉…お肌しっとり&しっかり保温
炭酸水素塩泉…美肌の湯の代名詞!湯触りは美容液のよう
硫酸塩泉…ぷるんとしたハリを!
二酸化炭素泉…シュワっと気泡でむくみ解消
含鉄泉…体の芯からあったまる女性の味方
酸性泉…くすみ対策・肌のキメが整う
含よう素泉…殺菌作用が高く、コレステロール値を下げる
硫黄泉…シミ予防・便秘解消に
放射能泉…効能の多さゆえに「万病の湯」とも

 

10の泉質のなかでも、とくに美肌効果があるとされている
泉質を「三大美人泉質」と呼んでいるんですよ!
魅力的な名前ですよね?

クレンジング効果
炭酸水素塩泉 …肌がすべすべになる“美肌の湯”

炭酸水素塩泉は、肌の角質を分解する効果があるので、肌をツルツルにし、くすみも取るのでワントーン明るい肌に。

若返り効果
硫酸塩泉 ………肌がしっとりする“美人の湯”

硫酸塩泉は保温効果と肌の蘇生効果があるので、肌の若返りが期待できる。

シミ予防効果
硫黄泉 …………体の中を内側からキレイに“美白の湯”

硫黄はメラニンを分解する力があるので、シミの予防効果が。

 

 

泉質の中に含まれる成分の中でも美肌に関係するものをごしょうかい!
すべてミネラル成分です。

塩化カリウム
岩塩にともなって天然鉱石から産出される、にがり成分のひとつ。 海水にも含まれていてミネラルたっぷり。美肌効果が期待できる温泉成分でもあります。
汗にも含まれ、肌の機能改善に重要な役割を担っています。

塩化カルシウム
塩化カルシウムは海水や天然石膏など、自然界に広く存在する毒性の少ない物質として知られています。
温泉成分の一部で、肌のターンオーバーサイクルを整える美肌効果が期待できます。

塩化ナトリウム
肌をひきしめる作用があり、肌のキメや毛髪のキューティクルを整えます。
化粧水、乳液、クリーム、ファンデーション、メイクアップ化粧品、シャンプー、歯磨き、ボディクリームなどに使用されてます。

塩化マグネシウム
海水から食塩を取り出す際ににがりができますが、その主成分が塩化マグネシウムです。
肌の新陳代謝を整え、肌のバリア機能を高めます。疲労回復も期待できます。

メタケイ酸ナトリウム
石英(水晶)から得られる無色の結晶です。
温泉の代表的成分で、コラーゲンの生成を助けて肌をみずみずしくしてくれる効果があります。
カルシウムとの相乗効果により、肌のターンオーバーサイクルを整える効果があります。

硫酸マグネシウム
天然のにがりに含まれているミネラル成分。
硫酸塩泉の温泉にも含有されていて、保湿効果があります。
体を温める温浴効果もあるため、多くの入浴剤に使用されています。

炭酸水素ナトリウム
いわゆる重曹です。医薬品原料で、発泡性の入浴剤にも使用されます。
温泉成分の一部で、肌の角質をやわらかくする効果が期待できます。

 

『保湿効果』肌に潤いをもたらすのがミネラル。

肌の構成成分で、代謝やコラーゲンの形成、ハリや弾力維持、シミ予防など肌の状態を保つ重要な働きがあります。
温泉水にはミネラルがたくさん含まれていて、体のミネラルバランスと似ています。肌への浸透が良く、保湿効果を上げる働きをしてくれると言われているのです。

天然のミネラルを配合した化粧品も合成化学物質を排除しているため、肌に優しいと注目されています。

 

 
 

 

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る